2008年11月26日

東京都港区赤坂九丁目

東京ミッドタウン(英称:Tokyo Midtown)は、三井不動産主体で東京都港区赤坂九丁目にあった旧防衛庁跡地の再開発計画により誕生した複合施設及びその地域一帯である。

シンボルになる中間地帯のタワーは、森林タワーもアンダーグラウンド、グラウンド、高さ248m、および六本木ヒルズの54階の5階だけでなく都庁官庁建物の東京オフィスに全然パスせず、大都市圏の最も高価な摩天楼でした。 全体の日本でそれが見た時には、横浜土地マークタワー(296m)、大阪ワールドトレードセンターを建てること(256m)、およびリンとかみ合うゲートタワー建物に続いていることが、4番目の高さです(256m)。 さらに、観測所は都庁と六本木ヒルズの東京オフィスと違い 森林タワー 、中間地帯のタワーに備えません。 マシン部屋は、一番上のフロアである54階の管理のための設備とスペースのメンテナンスであり、一般訪問者は入ることができません。

ホテル、住宅、オフィス、商業、文化的な設備、病院、および公園が私が、「リッツ・カールトン東京」という注意、私がテレンスコンランの「コンラン」ブランドによって「サントリー美術館」の動きおよびアメリカ医学グループとレストランと協力したクリニックに接近するべきで、支払う設備として中間地帯のタワー成層圏に置かれるホテルは言及されます。

親善のシスコシステム、USEN、富士フィルム所有財産、および会社は、また、東京についての個々の才能に中間地帯で動き、ゲーム主要な会社のコナミは、個々の大都市圏場所で分散し、動かされるベースを集中しました。
全体の再開発の1つのテーマとしての「デザイン」という中間地帯のタワー グッド・デザイン賞ホスト組織であるファンデーション日本産業デザインプロモーション協会が持って来られた時 。 「21_21デザイン視界」 デザインを持つベースがビジネスを始めると、三宅一生デザイン文化的財産会社は管理します。

Sakuranamikiは、それが近くに住んでいる(港区でのコントロール)ヒノキ町公園に従って4ヘクタールの緑地帯を予約し、また再配置されました。 区域エリアで占められた緑地帯のパーセンテージは、特徴 他の再開発プロジェクトに比べて大きい です。

2003年4月に六本木が設立した形である六本木エリアでの移住は、六本木ヒルズの6丁目と対比されて、六本木ヒルズによって相乗作用の効果に依存し、全国的な新しい美術館、改良、およびより一層の活性化は予期されます。

最初の年が30,000,000の年間の目標、私を越えている35,000,000人の人々が、顧客を引き入れて、それは六本木ヒルズだけでなくポピュラーなエリアです。
posted by ミッドタウン at 19:09| Comment(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。